中国アプリ、日本で禁止されると何が起きるか

TikTokよりWeChatやWeiboの方が大きな打撃

中国企業排除を強めるアメリカのトランプ政権は、大手通信機器メーカーのファーウェイに続いて急成長するTikTokを標的とするようになった。TikTokを運営するバイトダンス(字節跳動)も2019年からアメリカ政府や議員の圧力をかわすため、TikTokを分社して海外に本社を設置することを検討していた。

また、2020年5月末には、ウォルト・ディズニーの動画配信サービス「ディズニー・プラス」を統括してきたケビン・メイヤー(Kevin Mayer)氏をバイトダンスのCOO(最高執行責任者)兼TikTokのCEO(最高経営責任者)に迎えた。だが、コロナ禍で米中関係がさらに悪化し、バイトダンスの想定よりも早くTikTok外しが進んでいる。

日本、米国、インドは最重要国

TikTokは海外市場を重要度に分けてランク付けしているが、アメリカ・インド、日本の3カ国は特に重視されている。

その1つであるインドは、国境付近で中国と紛争が起きたこともあり、6月末に「安全保障や国防を脅かす」としてTikTokを含む中国の59アプリの利用を禁じた。ナレンドラ・モディ首相は、フォロワーが約24万人いる中国のミニブログ「Weibo(微博)」のアカウントを削除。アメリカ政府も中国への情報流出リスクを理由に、TikTok利用禁止に動いており、自民議連も、追随した形だ。

本松さんは、「この3カ月、アメリカ人の動画が目に見えて増えた」と話す。実は、TikTokによると2019年時点のアメリカの月間アクティブユーザー数(MAU)は2650万人だったが、コロナ禍のステイホーム期間中にさらに利用者が増えた。

バイトダンスはTikTok(中国版は抖音)をリリースする前は、ニュースアプリ「今日頭条(Toutiao)」で知られていたが、どちらも人工知能(AI)を駆使したユーザーニーズへの最適化を武器としており、アメリカユーザーの隙間時間を短期間で侵食している点も、警戒される要因となったのだろう。

次ページビジネスパーソンにも大打撃
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT