40代男の「TikTok」が意外に敬遠されてない理由

若者と中年をつなぐ「#おじさん」の人気ぶり

SNSでは「中年ユーザーの増加」が若いユーザー離れを招いたが、「TikTok」にも当てはまるのだろうか?(写真:PonyWang/iStock)

ここ最近、動画投稿アプリ「TikTok」を利用する40代男性の増加が注目を集めている。TikTokは、軽快な音楽に合わせて、ダンスや口パクをした動画を撮影、投稿するというもの。

2018年5月にアプリ分析プラットフォーム「App Ape」が発表した分析結果によると、TikTokはユーザーの半数以上を10~20代が占める若者中心のアプリには違いない。だが、次に利用者が多いのは40代のユーザー(16.8%)だった。さらに40代男性の割合は全体の9.7%に上り、ネットでは「TikTokおじさん」なる造語まで生まれた。

TikTokを利用する40代男性が増えたのは、なぜか? 複数の理由が考えられる。

「TikTok」はどんなアプリか?

2018年11月より、TikTokのCMがリニューアルされた。その内容は、上戸彩さんが、後輩の小芝風花さんに誘われてTikTokを始めるというもの。最初は嫌がっていた上戸さんだが、撮ってみたら予想外に楽しかった……という、ユーザーの心情を代弁するようなストーリーになっている。そもそも10代に人気のタレントではなく、上戸彩さんを採用している時点で、TikTokを広い年代に普及させたい運営元のバイトダンスの意図がうかがえる。

TikTokの動画はスマホで撮影しなければいけないため、上半身アップの動画が多く、若くてかわいらしい女性の投稿が人気を集める傾向にある。ある中年男性は、「やたら若いかわいい女の子の動画が多いと思ったら、あとで『AIで好みそうな動画がおすすめされている』と知り、ちょっと焦った」と言っていた。

別の男性にも話を聞くと、「チックトックじゃないの? まず、アプリ名がよくわからない」と言う。

さらに、「小学生の娘が『最近学校ではやっている』というのでアプリを見たが、化粧をした女子小学生がへそを出して踊っていたり、制服姿の女子高生が教室で双子ダンスをしていたり、何が楽しいのかわからない」とも言っていた。また、「動画投稿者のダンスが別にうまくない」「コメント欄が荒れている」ところも気になったという。

次ページ「TikTokおじさん」が増える理由とは
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。