ユーロ急騰をもたらしたのは「ドルの過剰感」 アメリカの財政拡張は円などの上昇も招く

印刷
A
A

当面の為替相場について、「アメリカの財政赤字・対GDP比率上昇に伴ってドル相場が下落」することを前提にするのであれば、「ドル相場の方向感」を議論するよりも、「ドル売りの受け皿は何になるのか」を考えるほうが賢明である。

先に言及したようにIMM通貨先物取引で投機筋のポジションを見る限り、すでにユーロ買いはあまりにも早く、高く積み上がりすぎているように見受けられる。もちろん、「買われすぎているから売られるはず」という見方は粗すぎるが、ユーロが世界有数のマイナス金利通貨であることを踏まえれば、「ここからのユーロ上昇は急落と背中合わせ」ということは認識しておきたい。

他通貨も上昇へ、年末1ドル100円もありうる

片や、円の買い持ち高は穏当な水準に押さえられており、カナダドル、豪ドルといったその他主要通貨に至ってはまだ売り持ちされている。であれば、ユーロ以外の通貨にドル売りが波及してくる展開に身構える局面だというのが筆者の立場だ。

事実、ユーロ買いのペースが徐々に落ち着く中で円相場も連騰しており、1ドル=105円台で値固めしようという雰囲気になりつつある。相応の調整をこなしてからでないと、その大台には届かないとは思われるが、筆者はユーロドルが年内に1.20へ手をかける時間帯があっても不思議ではないと考えているが、その際にはユーロだけではなく円高も100円近辺まで進んでいるはずである。

※本記事は個人的見解であり、筆者の所属組織とは無関係です

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT