感染者ゼロ続くタイで自殺者が増えている皮肉

なぜ感染者・死亡者が少ないのかも不明

タイでは新型コロナウイルスの感染拡大はみられないが、観光業に依存しているため、経済に大きな打撃を受けている(写真:ロイター/アフロ)

なぜ、タイではそれほど感染が広がっていないのか。本当のところは誰にもわかっていない。

タイの文化に根付いているソーシャル・ディスタンスのためだろうか。タイではあいさつをするときには「ワイ」という祈るような動きをし、ハグをすることはない。そのために、感染の増加を防げているのだろうか。

7月半ば時点で7週間感染者なし

タイでは早期からマスクを着用するようになり、医療システムもしっかりとしている。それがウイルスによる影響を鈍らせているのだろうか。あるいは、戸外で過ごすことが多いライフスタイルのためか、はたまた、既往症を持つ人が比較的少なかったためか。

それとも、タイやほかのメコン川流域の人たちの免疫システムでは、何らかの遺伝的要素が、コロナウイルスに強い抵抗力を持っているのだろうか。あるいは、こうした複数の要素がうまく組み合わさって、タイ国民7000万人を守っているのだろうか。

1つ確実に言えることがある。タイでは今年初めのうちは海外からの訪問者も多く、新型コロナウイルスの感染が広がった地域からも訪問があったが、それでも感染者数は3240人以下で、死亡者数は58人にとどまっているということだ。7月16日の時点では、すでに約7週間、国内での感染が記録されていない。

メコン川流域のほかの国々も、タイと同様に感染率が低い。ベトナムは新型コロナウイルスによる死亡者数がゼロで、約3カ月の間、国内での感染が見られていない。また、ミャンマーで確認された感染者は336人、カンボジアは166人、ラオスはわずか19人だ。

メコン川上流域の中国の雲南省では、これまでに確認された感染者数は190人以下だった。いま実際に感染している人はいない。

次ページ免疫、遺伝的、それとも文化が作用しているのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。