吉村洋文「勇気こそがリーダーに最も重要だ」

注目の大阪府知事がコロナ禍の対応を総括する

吉村洋文・大阪府知事を独占インタビュー(撮影:ヒラオカスタジオ)
新型コロナウイルスが日本で感染拡大する中で、世の注目を大きく集めたのが各自治体のトップだ。国任せではこの状況に対して有効な手は打てず、地方独自の対応も大きなポイントとなっている。中でも大阪府の吉村洋文知事(45歳)は、このコロナ禍においてリーダーシップを発揮した自治体トップとして評価を受けている。その吉村知事を独占取材。前後編の2回にわたるインタビューをお届けする。(取材は6月23日に実施)

「持ち上げられれば次はたたかれるのが世の常」

塩田 潮(以下、塩田):新型コロナウイルス襲来後、大阪府知事として行った3月19日の往来自粛要請の決定、4月7日の政府の緊急事態宣言への対応、4月15日の大阪府独自の支援金給付の発表、4月23日の非協力パチンコ店名公表の表明、5月1日の休業要請の段階的解除の意向表明、5月5日に「大阪モデル」といわれた自粛解除の独自基準の決定、5月21日以降の緊急事態宣言解除への対応などが大きく報じられ、大阪府の独自の取り組みが全国的に注目を集めました。期待の高まりは全国に広がっている印象です。

吉村 洋文(以下、吉村):「頑張れよ」と応援してくれる方がいるのは本当にありがたいと思います。成果があるかどうか、自分ではわからないまま進んでいますので、不安があります。ただ政治家は、いいときもあれば悪いときもある。持ち上げられれば、次はたたかれる。それが世の常で、浮き沈みはあまり意識していません。

塩田:危機発生に遭遇したとき、今回のコロナ襲来をどう受け止めましたか。

吉村:中国・武漢で始まり、ばたばた人が倒れ、病院が患者であふれる状況を伝える映像や数字を見て、強い危機感を抱きました。大阪は関西国際空港から中国のお客さんがたくさん来ます。日本でも同じようなことが起きて、大きな危機になると思いました。

塩田:最初にどういう基本姿勢に立ち、どんな対応を行いましたか。

吉村:初めてのウイルスが日本にも入ってくると受け止め、国やほかの自治体より早く新型コロナウイルス対策本部を立ち上げました。初めてのウイルス襲来で、恐怖感が社会全体を覆うので、それを和らげる対策が必要です。国はどちらかというと情報は控えめにという話でしたが、逆に基本方針として、入ってくる情報をどんどん公開していこうと思いました。

ですが、対応のプランはあっても、正解がない。何が正解かわからないけど、この方向で、ときちんと発信していこうと考えました。危機的状況になると、何が起こるかわからないから、情報はできるだけ隠したくなりますが、隠せば後で批判されます。判断や決断も、逃げずにやっていく。「逃げず、隠さず、おびえず」という感じですね。

ヨーロッパで爆発的に感染が拡大しているとき、イギリスのボリス・ジョンソン首相やドイツのアンゲラ・メルケル首相は、自分の言葉で国民に語りかけました。それが必要です。ジョンソン首相は最初、間違ったけど、逃げずに国民に自分の考えと進むべき道を語りかけている。「逃げず、隠さず」は危機には重要だと思います。

次ページ「おびえず」とはどんな決意と覚悟か?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。