香港カレンシーボードに飛び火した米中対立

禁断の米ドル取引制限のリスクを見ておく

事実、国家安全維持法が成立した5月下旬のように香港ドル米ドルのフォワードレートに動揺(香港ドルの急落)が生じているわけではない。市場はまだ冷静に見ている。

むしろ現状は逆の動きを示している。こうした米国の政治的な動きに抗うように、中国本土に拠点を持つ投資家が香港株式市場に莫大な資金を注ぎ込んだことで香港ドル需要は逼迫が伝えられており、香港ドルの対米ドル相場は7.75の上限に張り付いている。結果、HKMAは連日、香港ドル売り・米ドル買い介入に勤しんでいる。

トランプ政権だからこそ構えたい「理外の一手」

とはいえ、国家安全維持法の制定によって、香港においてはインターネット上の書き込み削除はおろか通信の傍受や令状なしでの家宅捜索、そして旅券の押収などが合法的にまかり通るようになっている。体面上、米国がこれに対して何もしないというわけにはいかず、相応に厳格な対応に踏み込む可能性は否めない。

通商交渉を例に出すまでもなく、トランプ政権は「返り血」覚悟で理外の一手を乱発してきた経緯がある。可能性は非常に低いと思われるものの、カレンシーボードが米国側から技術的に崩され、国際金融市場が動揺するリスクは念頭に置く価値はある。その場合、金融市場にとっては株を筆頭とするリスク資産が手放され、為替市場においてはドルを除く安全通貨として円やユーロ、スイスフランが物色されると見ておきたい。

※本記事は個人的見解であり、筆者の所属組織とは無関係です

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT