(第1回)モラトリアムを超えていけ!

 だとすれば早くから様々なことを考え、悩み、行動するのが良い。
 本来、20歳を過ぎればもう大人なのだ。
 モラトリアムの期間を否定するのではない。不透明で、考えなければならないことが多くなった現在だからこそ、モラトリアムを有効に活用し、必死に考え、悩み、行動すべきなのだ。

----

 モラトリアムを有効に活用したいと思っても、

 やりたいことが、見つからない。
 何にチャレンジしたら良いかわからない。

 そう悩んで、前に進めない人たちがいる。
 というか、僕もそうだった。

 そういう人に対して、今の僕が何かアドバイスするとしたら、
 「何でもいいから、何かに精一杯取り組んでみたらいいんじゃないか」
 と伝えたい。

 何故か。

 それは様々なことに取り組み、困難を乗り越えていく中で、自分を知り、自分を磨き、人間的に成長することができるからだ。

 だから、多くの一流企業が新卒人材の採用面接の時に、「学生時代に一番頑張ったこと」を聞くのだ。高い目標を掲げ、それを乗り越えようとすればするほど、

困難にぶち当たる。その困難をどのように工夫し、努力し乗り越えたか。それを採用担当者は知りたいのだ。  困難にぶち当たるたびに、自分を知ることができる。なんとか乗り越えようと努力することで自分を磨くことができる。そして実際に乗り越えたとき、人間的に一回りも二回りも成長している自分に気付く。そういった困難を乗り越えることを繰り返していくと、就職活動の際に「何がやりたいか、何に向いているか」なんて考える必要もなく、すらすら言えるようになっているはずだ。

福井信英
福井信英(ふくい・のぶひで)
慶應義塾大学在籍中にジョブウェブと出会い、インターンシップ生として働き始める。
大学卒業と同時に(株)日本エル・シー・エーに就職。経営コンサルタントとして、学校法人のコンサルティングに取り組んだことをきっかけに、2003年3月に(株)ジョブウェブに転職。
現在、新卒事業部の事業部長として、企業の採用活動のコンサルティングや学生を対象とした各種リサーチ、教育研修コンテンツの作成に取り組む。
1977年生まれ。富山県出身。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。