婚姻率20年間最下位「秋田県」の新しい婚活支援

1月に導入のAIマッチングシステムで成婚も

市町村レベルで独自の活動をしているのは、佐賀県の伊万里市だ。2010年4月、全国に先駆けて「婚活応援課」を設置した(現在は、まちづくり課婚活応援係)。登録会員の引き合わせのほか、毎月、手作りの婚活イベントを開催してきた。成婚者数は2010年からの総数で265人。5月末現在の登録者数は595人(男性337人 女性258人)だ。

伊万里市ではさまざまなイベントも実施。登録後は3カ月先までの婚活イベント情報の提供や婚活アドバイス、相談を無料で受けられるほか、1対1でのプロフィールによる引き合わせが可能だという。

過去にはバスツアーイベントも実施した

最近はコロナ禍のためイベントは行っていないが、1月には「三社詣りバスツアー&カキ焼き」を実施。その場で4カップル誕生した。もっとも、その後のフォロー調査の結果、4組とも長続きしなかったそうだ。婚活応援係担当者は、「残念です。でも、昨年12月のイベントに参加してカップルとなった30代の男女からは結婚するという報告をいただきました」と口にする。

多くの自治体が外部企業などに委託する中、伊万里市は専門部署を持ち、しかも交付金を当てにせず、すべて自前だ。そのため年間予算も49万6000円と低く抑えることができている。

自治体の婚活支援事業の一端を見てきたが、出生数は減り続け、人口減が止まらない。婚姻件数、婚姻率も大幅な改善は見られない。全国各地の自治体の調査報告書や事業実施計画書などをみると、さまざまな課題が見えてくる。

AIマッチングシステムを導入した秋田県は、導入前の2019年3月に「少子化・子育て施策等に関する調査 報告書」をまとめた。学生と独身の就業者を対象にした「現在、独身でいる理由」という設問への回答で最も多かったのが「結婚したいと思う異性とめぐり会わない」が53.1%だった。婚活支援事業の重要性をうかがわせる結果だ。

次ページ婚活支援センターの認知度は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT