日経平均株価41円安、相場は手がかり材料難

東証1部の売買代金は2兆円を割る薄商いに

 6月23日、午前の東京株式市場で日経平均はマイナス転換。2万2400円台前半で推移している。写真は東京株式市場で2018年10月撮影(2020年 ロイター/ISSEI KATO)

[東京 22日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均株価は小反落した。全体的に手掛かり材料に乏しく、時間外取引の米株先物に左右される展開。模様眺めムードが強くなる中でボラティリティーも低下し、個別物色の動きとなった。東証1部の売買代金は1兆6539置く400万円と2兆円を大きく下回る薄商いとなった。

前週末の米国株市場で、ダウは0.80%安、S&P総合500種は0.56%安で取引を終えた。新型コロナウイルスの新規感染件数の増加が懸念されており、米アップルは19日、フロリダ、アリゾナ、サウスカロライナ、ノースカロライナの各州の11店舗を再び一時閉鎖すると発表した。

これを受けて日本株は売り優勢で始まったが、手掛かり材料難となり、終始見送りムードが支配。時間外取引の米株先物の動きに歩調を合わせる形で推移し、方向性を示す動きにならなかった。

市場では「全体的には米株先物に左右される状態が続いているが、このところ日銀のETF購入が入っているため、大きく崩れる雰囲気はない。そうした中で個別物色の動きが活発化している」(国内証券)との指摘もある。

TOPIXも小幅続落。東証33業種は、値上がりが医薬品など9業種で、陸運業、空運業、その他製造など値下がり業種の方が多かった。個別では、ソニー<6758.T>など主力輸出関連株にさえない銘柄が目立ったほか、指数寄与度が大きいファーストリテイリング<9983.T>も軟調。半面、東京エレクトロン<8035.T>が続伸した。

東証1部の騰落数は、値上がり913銘柄に対し、値下がりが1150銘柄、変わらずが103銘柄だった。

 

日経平均<.N225>

終値      22437.27 -41.52

寄り付き    22353.69

安値/高値   22311.94─22575.74

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1579.09 -3.71

寄り付き     1577.00

安値/高値    1574.57─1587.10

 

東証出来高(万株) 93621

東証売買代金(億円) 16539.44

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。