日経平均株価41円安、相場は手がかり材料難

東証1部の売買代金は2兆円を割る薄商いに

 6月23日、午前の東京株式市場で日経平均はマイナス転換。2万2400円台前半で推移している。写真は東京株式市場で2018年10月撮影(2020年 ロイター/ISSEI KATO)

[東京 22日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均株価は小反落した。全体的に手掛かり材料に乏しく、時間外取引の米株先物に左右される展開。模様眺めムードが強くなる中でボラティリティーも低下し、個別物色の動きとなった。東証1部の売買代金は1兆6539置く400万円と2兆円を大きく下回る薄商いとなった。

前週末の米国株市場で、ダウは0.80%安、S&P総合500種は0.56%安で取引を終えた。新型コロナウイルスの新規感染件数の増加が懸念されており、米アップルは19日、フロリダ、アリゾナ、サウスカロライナ、ノースカロライナの各州の11店舗を再び一時閉鎖すると発表した。

これを受けて日本株は売り優勢で始まったが、手掛かり材料難となり、終始見送りムードが支配。時間外取引の米株先物の動きに歩調を合わせる形で推移し、方向性を示す動きにならなかった。

市場では「全体的には米株先物に左右される状態が続いているが、このところ日銀のETF購入が入っているため、大きく崩れる雰囲気はない。そうした中で個別物色の動きが活発化している」(国内証券)との指摘もある。

TOPIXも小幅続落。東証33業種は、値上がりが医薬品など9業種で、陸運業、空運業、その他製造など値下がり業種の方が多かった。個別では、ソニー<6758.T>など主力輸出関連株にさえない銘柄が目立ったほか、指数寄与度が大きいファーストリテイリング<9983.T>も軟調。半面、東京エレクトロン<8035.T>が続伸した。

東証1部の騰落数は、値上がり913銘柄に対し、値下がりが1150銘柄、変わらずが103銘柄だった。

 

日経平均<.N225>

終値      22437.27 -41.52

寄り付き    22353.69

安値/高値   22311.94─22575.74

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1579.09 -3.71

寄り付き     1577.00

安値/高値    1574.57─1587.10

 

東証出来高(万株) 93621

東証売買代金(億円) 16539.44

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT