ロボット先生が活躍!コロナ禍の学習塾の変貌

講師のなり手不足を埋めることにも繋がる

【新米でもベテラン並みの指導力「unibo」先生】難解な問題も図などを用いてやさしく説明。「もう1
度教えて」などもunibo相手なら言いやすい。子どもたちに人気の“先生”だ(撮影:写真部・小黒冴夏)
これまで何の疑問も持たなかった「人との接触」。だが、新型コロナウイルスの影響で考え方や意識が変わった。アフターコロナの生活をサポートするのは、「ロボット」なのかもしれない。コロナ禍で存在感を増すロボットたちを取材した。

コロナ禍で活躍するロボット先生

「どうだった?合ってた?間違えてた?」「合ってた!」

「えりちゃん、すごい!単位が交ざった面積の問題は苦手な人がいるけど、1度でわかっちゃったんだね」

当記事は、AERA dot.の提供記事です

神奈川県相模原市にある「個別指導123」では、小学生が算数の問題を楽しそうに解いていた。教えていたのは「unibo(ユニボ)」先生。勉強机にちょこんと座るロボット先生だ。

解答に時間がかかっていれば、「難しいかな?」「もう少し頑張る?」と話しかけ、家で復習をしてきた生徒には、「えらい!」と褒める。

「ロボット先生という手があるのではと思ったのは、塾講師や家庭教師のなり手がいないと聞いたことがきっかけでした」

こう話すのは、ユニボ先生のプログラムを開発した「ソリューションゲート」代表の鈴木博文さん。「ユニロボット」のコミュニケーションAIロボット「ユニボ」を知り、即購入を決めた。2018年のことだ。

「これはいける」。そう思ったのは、数カ月後に参加した大阪での子ども向けロボットイベントでのこと。急ごしらえで作ったプロトタイプのユニボ先生は、ゲーム性もなく、子どもに話しかけながら、ひたすら分数を教えるというものだった。

ところが、これが大盛況。子どもたちが弾ける笑顔でユニボ先生を囲んだ。すぐに仲間を募り、ユニボに独自の教育プログラムを組み込んだ、現在のユニボ先生を作り上げた。

鈴木さんが“新米”のユニボ先生に求めているのは、ベテラン教師の指導力。子どもが能動的に学習に取り組むには、ポジティブな感情を引き出すことが必要だ。それには褒めたり励ましたりといった「会話」が不可欠で、タブレットだけでは担えない。じっと座っているのが苦手な子どもでも、ユニボ先生相手だと集中して問題に取り組むという。

次ページコロナ禍で人材不足の解消を期待されるロボット
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ後を生き抜く
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。