現金派が知らない「脱現金派」の意外なメリット

キャッシュレスは「感染症対策」にも役に立つ

たしかに、現金はもちろんのこと、近時は「他者のエコバックに触れたくない」と話す店員がいるように、モノの受け渡しでさえセンシティブになりがちな風潮が高まっている。

「ポイント還元以外の動機づけ」が必要

「Uber Eatsのように、注文してから家に届くまでの間に決済が終わっている――、そういったものが増えてくるのではないか。最近はホテルでも、チェックアウト時にフロントを介さないケースが増えています。また、こういった流れは採用難を解消する問題とも紐づく。今後の日本におけるキャッシュレスは、雇用や感染症対策など外的要因と重なる形で、セルフレジやロボットなども導入しながら加速すると思います」(佐俣さん)

「バラマキにも似た、ポイント還元によるインセンティブには限界がある」とは前述の福田さんの言葉だ。

「還元期間が終われば、お得感が失われるため、元に戻りかねない。今回の『キャッシュレス・ポイント還元事業』は一定の効果があったと思いますが、再び同じようなことをしてまで推進するにも限界があると考えています。“お得感”とは異なる動機づけが必要な局面にある」(福田さん)

奇しくも、コロナがそのブースターになる可能性を秘めているとは。世の中、何が起こるか分からない。

一方で、乱立する〇〇ペイを筆頭に、非現金決済の手段が多すぎるがゆえに、いまだキャッシュレスに対して二の足を踏む人は少なくない。解消への一つの手段が、総務省が経済産業省と連携して普及事業を行う、決済用QRコード・バーコードの統一規格「JPQR」だろう。

次ページ「複数のQRコード」を使い分ける不便が解消される?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT