健康促進へ方針転換、たばこ大幅増税の衝撃

拡大
縮小


 当然、たばこメーカーには経営戦略の練り直しが迫られる。「(85年の)民営化後は23工場だったが、11年3月には6工場まで減る予定。だが今回の増税で、さらなる閉鎖や人員削減も選択肢の一つとなる」(JT)。国内販売本数は年4~5%のペースで減少が続いているが、これに拍車がかかるのは間違いない。

政府は国税で1232億円(11年度)の税収増を見込むが不透明だ。だが医療経済研究機構が行った調査では、たばこの害による医療費の増加や労働力喪失などの社会損失は7兆円超との試算もある。

国立がんセンター研究所のたばこ政策研究プロジェクトリーダーの望月友美子氏は「現状の税収2兆円と比較すると、7兆円の損害は累積赤字状態。すでに財政確保というたばこ事業法の目的は損なわれており、見直しは当然」と指摘する。

英国やフランスと比べると、日本の1箱400円はなお安いとの声もある。政権交代で日本のたばこ行政も、大きな転換期を迎えている。

(麻田真衣 撮影:今井康一 =週刊東洋経済)

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT