三井住友の巨額増資で、資産圧縮競争が幕開け

三井住友の巨額増資で、資産圧縮競争が幕開け

三井住友フィナンシャルグループが再び、8000億円規模の普通株増資をブチ上げた。昨年6月に公募価格3928円で8610億円を調達したが、その後株価は2000円台後半に下落したまま。ロックアップ期間明け直後の再増資は、まさに禁じ手といえる。

「希薄化率は前回増資と併せて7割。正直、このタイミングでやるか随分迷った」と同社役員は語る。

昨年12月末に発表された国際的なBIS資本の強化のたたき台は厳しいものだった。最も中核的な資本としてのTier�コモンエクイティを普通株と内部留保にかぎり、優先株や優先出資証券を認めないだけでなく、控除される項目も幅広い。最悪のケースでは、巷間Tier�コモンエクイティの最低ラインと予測されている4%をクリアするのは、3メガバンクグループ中、昨年暮れに1兆円増資を行った三菱UFJフィナンシャル・グループだけとなる。

「(すでに規制対応の増資で先行している)欧米金融機関の再増資や、中国の金融機関の増資も予想され、早くやらないと負けてしまう」(前出の役員)。まさに生き残りを懸けた苦渋の決断というわけだ。

合わせ技で新規制対応

今後、収益力がアップしなければ株主への裏切り行為となり、配当負担も重くなる。

前回の増資では日興コーディアル証券買収という具体的な材料を打ち出せたが、今回は「アジアでのM&A」と、まだこれは画餅だ。

ただ、同社らしいがむしゃらぶりが見えたのは、約5兆円の不採算資産の削減で5000億円の資本余力をたたき出すことや、持ち合い株の4000億円程度の圧縮など、自己資本比率規制の分母であるリスクアセット(約55兆円)の圧縮を表明した点。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT