三井住友の巨額増資で、資産圧縮競争が幕開け


 増資との合わせ技により、新規制が導入される可能性のある2012年度までにTier�コモンエクイティで5%達成を狙う。資産再構築でROE10%も目指す。この意味は大きい。

増資が限界に来ている中、メガ3グループは資産圧縮競争に突入せざるをえない。不採算資産については「内外での赤字の取引など」と具体的に語らないが、生き残るために何でもありの状況だろう。

貸し渋り批判で中小企業向け融資を減らせない中、大企業向け融資を圧縮し、証券子会社を通じた社債発行へのシフトを促せば、手数料稼ぎとの一石二鳥になる。だが、株式の相互持ち合い解消による需給悪化に加え、信用力の低い大企業への支援が難しくなるなど、直接・間接市場への余波も懸念される。

一方、配当負担のため増資が困難なみずほフィナンシャルグループには、市場の目がさらに厳しくなるだろう。

■三井住友フィナンシャルグループの業績予想、会社概要はこちら

(大崎明子 撮影:大隅智洋 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT