自由診療にすがり急逝した乳がん患者の末路

有効性なき免疫療法の何とも許されざる実態

がん細胞は、免疫細胞の働きを制限する作用で自らを守る。オプジーボは、その制限を解除して免疫細胞にがんを攻撃させる。  

これに対して、自由診療の「免疫療法」の大半は、患者の血液からリンパ球を分離して、免疫細胞を培養(もしくは活性化)。そして再び体内に戻して、がんを攻撃させるという理論。だが、この方法は30年以上前から、数多くの臨床試験が行われ、有効性が証明できなかった。

(※免疫療法の一種であるCAR-T療法は、急性リンパ芽球性白血病に有効性が確認され、公的医療保険の適用になっている)

本庶氏の理論は「ホンモノ」、自由診療で行われているのは「ニセモノ」の免疫療法といえるだろう。

副作用で死亡する事故も

最近は、抗がん剤治療と並行して自由診療の「免疫療法」を勧めるクリニックも増えているが、有効性は確認されていない。そればかりか、オプジーボと「免疫療法」を併用した患者が、副作用で死亡する事故も起きているので、リスクが高いと考えるべきだろう。

効果が証明できない「独自のがん治療」で、莫大な治療費を取る──。

一般の感覚では詐欺に等しい行為だが、医師には「裁量権」が認められているため、違法ではない。「裁量権」とは、専門的な医学知識や臨床経験をもとに、医師が治療方法や時期を選択する権利のことだ。

保険診療は、基本的な治療手順が決められているが、医師の裁量に任されている自由診療は、治療効果が見込めなくても高い治療費を取ることが可能なのだ。

東京駅に程近い、中央区京橋の高層ビルに、免疫療法のクリニックを構えていた医師がいる。大手出版社から何冊も本を出し、雑誌などのメディアにも登場していた、知る人ぞ知る人物だ。その医師は、肺がんステージ4の患者に対して、免疫療法の治療に「1クール400万円×ステージ数」と説明した。

次ページステージ4なら1600万円
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT