アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

配色の本「3色だけでセンスのいい色」が1位

ビジネスに役立つ配色の本が1位を獲得しました(写真:rainmaker/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、6月7日~13日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

配色本「3色だけでセンスのいい色」が1位

今週(6月7日~13日)のランキングでは、前週418位だった『見てわかる、迷わず決まる配色アイデア 3色だけでセンスのいい色』(ingectar-e著、インプレス)が1位を獲得した。アマゾンによると、早期購入特典が影響している模様だという。

『見てわかる、迷わず決まる配色アイデア 3色だけでセンスのいい色』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位は、『宇宙兄弟とFFS理論が教えてくれる あなたの知らないあなたの強み』(古野俊幸著、日経BP)だった。アマゾンによると、宇宙兄弟 公式Twitter掲載が影響してる模様だという。

3位は、前週1位だった『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)がランクインした。安定して注文が集まっているという。

前週89位から23位へ急上昇したのが、『豊田章男』(片山修著、東洋経済新報社)だ。『日本経済新聞』の掲載が影響しているという。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ後を生き抜く
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。