アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

ロスリング「FACTFULNESS」が1位に返り咲き

『日本企業の勝算: 人材確保×生産性×企業成長』の順位が急上昇しました(画像:rainmaker/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、6月14日~20日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『FACTFULNESS』が1位に返り咲き

今週(6月14日~20日)のランキングでは、前週3位だった『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)が1位を獲得した。安定して注文が集まっているという。

『FACTFULNESS』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位は、前週4位だった『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版)がランクインした。安定して注文が集まっているという。

3位は、前週5位だった『大河の一滴 (幻冬舎文庫)』(五木寛之著、幻冬舎)だった。東洋経済オンラインの記事「五木寛之「コロナ後は三散の時代がやってくる」」の影響で注目が集まった模様だ。

前週145位から27位と順位が急上昇したのが、『日本企業の勝算: 人材確保×生産性×企業成長』(デービッド・アトキンソン著、東洋経済新報社)だ。東洋経済オンラインの記事「日本人の「給料安すぎ問題」の意外すぎる悪影響」が影響している模様だ。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。