松本大・マネックスグループCEO--あきらめ感が支配している?《私のアラサー論》

松本大・マネックスグループCEO--あきらめ感が支配している?《私のアラサー論》

私は1963年生まれの自分を、大好きな車に例えて63年式と言っているが、年代の違いは年式が違うくらいの意味合いしかないと考えている。つまり80年生まれと、自分とは単にそれだけの違い。「近頃の若いやつは」というのは基本的に言わないようにしているが、あえて聞かれているので、その禁を破ってみることにする(笑)。

ウチの会社を見ていてもそうだが、30歳前後の世代は帰国子女が多い。日本企業の海外進出の結果といえるが、外国が普通になっていて抵抗感は薄い。その点でグローバル化が進んでいるように見えるのだけど、実はその逆が起きているように感じる。

私より上の世代は外国への大きなあこがれがあって、海外志向がある人は英語も必死に勉強した。それが今の若い世代は大学に入るのが易しくなって、しゃかりきになって勉強したことがないのか、英語も普通によくできるが、語学力ですごいと思わせる人を見掛けない。

私たちの世代までは「海外と競争するんだ」「国際舞台で戦うんだ」という感覚があった。競争心は時に成長至上主義と結び付きやすく揶揄の対象にもなるが、30歳前後の世代にはそもそもそうした感覚がない。身近になりすぎたゆえなのか、外国に強いあこがれや関心がないようだ。

この20年、日本は一時的に景気のいいときもあったが、ならしてみればほぼフラット。彼らからすれば子どもの頃からずっと経済成長の実感がないだろう。だから経済が伸びる中で働く、というのがピンとこないかもしれない。

あきらめ感が支配している?

鳩山首相にしてもオバマ米大統領と会談した折、温室効果ガス削減は話題にしても経済成長の議論は重要じゃないと避けてしまうワケで、経済成長が社会にとってどれだけ重要かという認識がない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。