松本大・マネックスグループCEO--あきらめ感が支配している?《私のアラサー論》


 だから30歳前後の世代が利益追求一本やりを嫌って、教育やNPO(非営利組織)の分野に活路を見いだそうとするのもある面では理解できる。今の組織の中では自己実現ができないと考えるのだろう。

仕事を通じた成長実感もないし満足感もないから、別の道を探す。今とは別に自分の進むべき道があると考える。組織で上にいくより、横に出て(組織を出て)、自己実現をしようとする。たとえば20代のときにマッキンゼーとか外資系投資銀行にいたけど、今はボランティアをしているとか。

でも厳しいことを言えば、自己の満足という点で、それは長続きしないと思う。私は有限なリソースを集中して掘っていくべきだという考えで、自分が決めた仕事や業種に徹底的にこだわって、そこで成果を出そうとする。どこへ行こうかと迷うより、まずは歩いていれば違った風景が見えてきて、違った展開があるかもしれないと私は考える。

彼らにしてみれば、どこかあきらめ感があるのかもしれない。しかし少数では、影響力はおのずから限界がある。時間がかかっても組織を束ねてエネルギーを出したほうがいい。

組織の中で上がっていって動かすことより、個人個人が動いて社会を動かすというのは、時代の流れに合致しているのだろう。

でもこうした動きは若者の価値観というよりは、社会全体の価値観の反映なのだろう。それを実行できるのが、若い世代というだけのことかもしれない。
 
まつもと・おおき
1963年生まれ。東大法学部卒。ソロモン・ブラザーズ、ゴールドマン・サックスを経て99年マネックス証券(現マネックスグループ)を設立。東京証券取引所グループ社外取締役。

(週刊東洋経済 撮影:吉野純治)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング