日テレが"O2O2O"を加速するワケ

「放送と通信の融合」は、次のステージへ

――スマートフォンへメッセージをプッシュ配信する仕組みはどのようなものなのですか?

ビーマップ社の“スマートプッシュ”というサービスを採用しています。コンビニ、スーパーなどの店舗内に設置されたWi-Fi機器を来店センサーとして利用し、消費者のスマートフォンを識別します。

番組の参加者だった場合、利用者のスマートフォンに情報をプッシュ配信します。Wi-Fi機器の無線電波の圏内に入った瞬間に送るのです。

また、アップルがiOSの最新バージョン「iOS7」で導入した「iBeacon」にも対応しています。Bluetooth(近距離無線通信の規格のひとつ)方式の発信機を店内に設置して、数メートルから数十メートルの範囲で、消費者の位置を計測し、メッセージなどをスマートフォンにプッシュ配信できます。

画像を拡大
日本テレビが想定するO2O2Oのソリューション例

――そもそもO2O2Oに取り組まれた経緯は?

これまで日テレは、オンエア(テレビ放送)からオンライン(ネット)へ促すO2Oを徹底的に行ってきました。具体的には「JoinTV」という、テレビとソーシャルメディアを組み合わせて視聴する仕組みを使い、番組と連動する企画を作ってきました。

JoinTVでは、テレビの画面上に視聴者のフェイスブック上の友達が表示され、離れた場所にいても、一緒に番組を楽しむことができます。テレビは一意に同じ情報を出すことを得意としている媒体ですが、オンラインと組み合わせると、人に応じて情報を出し分けることができるのです。

2012年11月、人気アニメ「エヴァンゲリオン」新劇場版2作目を放送した際、JoinTVと連動したところ、面白いことがわかりました。放送の翌日が、第3作目のエヴァンゲリオンの劇場公開日だったのですが、映画館に行った方の4人に1人が前もってこの番組企画に参加してくれていました。

テレビとスマートフォンの連動企画では、視聴者が深く番組に入り込んでくれます。結果、映画館まで足を運んでくれたのです。これを仕組みとして作ったのが「O2O20」というモデルです。

次ページテレビ起点で、大きなビジネスに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT