日テレが"O2O2O"を加速するワケ

「放送と通信の融合」は、次のステージへ

――バルセロナで開催された「Mobile World Congress」での世界各国の反応はいかがでしたか?

バルセロナで行った展示の様子

非常に大きな反響をいただきました。いくらでやれるかといった、引き合いレベルの話もかなりありました。今から社内で体制を考えなくては対応できないほどです。

東南アジア、インドなど、アジア各国からの呼びかけが非常に多く、勢いもすごい。今後、モバイルやテレビがより普及していく国ですね。後は、ヨーロッパもありましたが、アメリカは意外と少なかったですね。

日本でしっかり実績を作ることが大事ですが、しがらみがあって難しいことも多いので、場合によっては海外のほうが事例を作りやすいかもしれません。

テレビの進化は、“マス”と“パーソナル”の融合

――あらためてお聞きしますが、今なぜ、テレビ局がO2O2Oに取り組むのでしょうか?

テレビは“マス”。同じものを同時に届けるところに最大のパワーがあります。一方、ネットの世界は、“パーソナル”。一人ひとりに情報を届けられる。ここに、テレビ局は、なかなか着手できていませんし、ビジネスにも生かせていません。

いかに“マス”と“パーソナル”を融合していけるのか。「放送と通信の融合」という言葉はもう古い。マスとパーソナルの融合の先に、テレビの新しい価値、新しいビジネスモデルという将来的なテーマがあります。

テレビを見た後の話だけではなく、テレビへの入口も変わってきています。どこでテレビ番組を知ったのかを調べると、若い人の間ではツイッターという流れも多くなっています。

取り巻く環境の変化の下、待っていてもダメ。むしろ率先して取り組んでいきます。他局にも呼びかけ、テレビ業界全体で一緒に取り組んでいきたいです。

次ページO2O2Oの具体的な仕組み
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT