アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

ロスリング「FACTFULNESS」が2週連続で1位に

ロスリング「FACTFULNESS」が2週連続で1位を獲得しました(写真:metamorworks/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、5月24日~30日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『FACTFULNESS』が1位に返り咲き

今週(5月24日~30日)のランキングでは、前週も1位だった『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)が再び1位を獲得した。訳者の関美和氏がNHKの「あさイチ」に出演し、本書が紹介された影響が大きいという。

『FACTFULNESS』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位は、前週3位だった『大河の一滴 (幻冬舎文庫)』(五木寛之著、幻冬舎)だった。著者がNHK「ニュースウオッチ9」に出演した影響で、安定して注文が集まっているという。

3位は、『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版)がランクインした。特定の要因はなく、安定して注文が集まっているという。

前週ランク外から17位へ急上昇したのが、『雑談の一流、二流、三流 (アスカビジネス)』(桐生稔著、明日香出版社)だ。「中田敦彦のYoutube大学」で取り上げられたことが影響している模様だ。

次ページ以降、197位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~49位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT