アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

訳者テレビ出演で「FACTFULNESS」が1位を獲得

ロスリング「FACTFULNESS」が1位を獲得しました(写真:Fast&Slow / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、5月17日~23日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『FACTFULNESS』が1位に返り咲き

今週(5月17日~23日)のランキングでは、前週2位だった『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)が1位に返り咲いた。訳者の関美和氏がNHKの「あさイチ」に出演し、本書が紹介された影響が大きいという。

『FACTFULNESS』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位は、『東京改造計画(NewsPicks Book)』(堀江貴文著、幻冬舎)がランクインした。予約が開始されたことに加え、Yahoo!ニュースに掲載されたことが影響しているという。

3位は、前週1位だった『大河の一滴 (幻冬舎文庫)』(五木寛之著、幻冬舎)だった。著者のテレビ出演の影響が続いており、安定して注文が集まっているという。

前週86位から21位へ急上昇したのが、『人を動かす 文庫版』(D・カーネギー著、創元社)だ。特定の要因はなく、安定して注文が集まっているという。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。