アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

五木寛之『大河の一滴』が連続で1位を獲得

ロングセラーが2週連続で1位を獲得しました(写真:kou / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、5月10日~16日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『大河の一滴』が2週連続で1位を獲得

今週(5月10日~16日)のランキングでは、先週に引き続き『大河の一滴 (幻冬舎文庫)』(五木寛之著、幻冬舎)が1位に輝いた。アマゾンによると、先週の東洋経済オンラインの記事が影響している模様だという。

『大河の一滴』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位は、『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)がランクインした。毎日安定して注文が集まっているという。

3位は、先週4位だった『コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画』(冨山和彦著、文藝春秋)がランクインした。『朝日新聞』での広告掲載が影響しているという。

前週ランク外から13位へ急上昇したのが、『ポケットブック 影響力の武器:仕事と人間関係が変わる21の心理学』(ノア・J・ゴールドスタイン著、誠信書房)だ。特定の要因はなく、安定して注文が集まっているという。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT