アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

五木寛之『大河の一滴』が連続で1位を獲得

ロングセラーが2週連続で1位を獲得しました(写真:kou / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、5月10日~16日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『大河の一滴』が2週連続で1位を獲得

今週(5月10日~16日)のランキングでは、先週に引き続き『大河の一滴 (幻冬舎文庫)』(五木寛之著、幻冬舎)が1位に輝いた。アマゾンによると、先週の東洋経済オンラインの記事が影響している模様だという。

『大河の一滴』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位は、『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)がランクインした。毎日安定して注文が集まっているという。

3位は、先週4位だった『コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画』(冨山和彦著、文藝春秋)がランクインした。『朝日新聞』での広告掲載が影響しているという。

前週ランク外から13位へ急上昇したのが、『ポケットブック 影響力の武器:仕事と人間関係が変わる21の心理学』(ノア・J・ゴールドスタイン著、誠信書房)だ。特定の要因はなく、安定して注文が集まっているという。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT