アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

著者テレビ出演『大河の一滴』が1位を獲得

五木寛之氏のテレビ出演で、ロングセラー『大河の一滴』が1位となりました(写真:jhphoto / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、5月3日~9日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『大河の一滴』が1位と3位を獲得

今週(5月3日~9日)のランキングでは、『大河の一滴 (幻冬舎文庫)』(五木寛之著、幻冬舎)が1位に輝いた。また、3位には、『大河の一滴(単行本)』(五木寛之著、幻冬舎)がランクインした。どちらも、日本テレビ『世界一受けたい授業』に著者が出演したことが影響しているという。

『大河の一滴』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位は、『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)がランクインした。毎日安定して注文が集まっているという。

前週68位から17位へ急上昇したのが、『影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか』(ロバート・B・チャルディーニ著、誠信書房)だ。特定の要因はなく、安定して注文が集まっているという。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT