アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

ロスリング「FACTFULNESS」が4週連続で1位に

GWに読書三昧という人も多いのではないでしょうか(写真:Pangaea/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、4月19日~25日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『FACTFULNESS』が4週連続で1位を獲得

今週(4月19日~25日)のランキングでは、前週も1位だった『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)が4週連続で1位に輝いた。毎日安定して注文が集まっているという。

『FACTFULNESS』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位は、前週も2位だった『【Amazon.co.jp 限定】 Excel 最強の教科書[完全版]』(藤井直弥著、SBクリエイティブ)がランクインした。毎日安定して注文が集まっているという。

3位は、前週160位だった『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』(鈴木祐著、クロスメディア・パブリッシング(インプレス))だった。「中田敦彦のYoutube大学」で紹介されたことが影響している模様だ。

前週164位から17位へ急上昇したのが、『人を動かす 文庫版』(D・カーネギー著、創元社)だ。特定の要因はなく、安定して注文が集まっているという。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。