現代に子どもを育てる親たちはワガママ?

子育て阻む「言論」の壁

沐浴の方法や抱っこひもの使い方は「YouTube先生」を参考にし、夫婦で同じURLを共有する。育児書や育児雑誌では一つの標準例しか提示されておらず不安になるが、ネットには複数の情報があり、「範囲」として分かるのも救いだった。夕食の準備の15分間は動画を見せていると長男は泣かずに待てる。そのおかげで、落ち着いて離乳食を食べさせることができる。

「核家族のわが家にとって、『スマホ婆』は最強の味方であり、夫婦の心を病ませないための薬箱でもあるんです」

育児がすべてと言えたらどんなに幸せか

漫画家の田房永子さんは、近著『ママだって、人間』で、女性が出産した途端に心身ともに赤ちゃんから離れられなくなる状態を「マリオネット」にたとえている。

「母親は、欲望も意思も個性もない無機質な生き物とみなされている。耐え忍ぶことが『良き母』の理想とされ、夫婦でも妻だけに自由がなく、夜の外出もできなくなるのは、人権にかかわる問題だと思います」

外出はもってのほか。母親が子どもを預けて働くことでさえ、わがままだと言われることもある。

作家の曽野綾子さんが昨年8月に「週刊現代」に寄稿した文章は、「出産した女性は会社に迷惑をかけてまで働くべきではない」とし、物議を醸した。

「本来、子どもができたら自分勝手なことに使えるお金が減るのは当然なんです。(中略)ところが、いまの若い人は親と同居したくないし、収入が減るのも嫌だから、保育所に子どもを預けて働くのが当然というわけです。(中略)けれど、できるだけ長い時間、親は子どもと一緒にいるべきなんです

育児休業から復職する際にポストがなく、退職して専業主婦になった女性(39)は訴える。

「家庭にどっぷりつかり、私のすべては子育てです、と言い切れるならどんなに幸せか。そうは割り切れないからつらいんです」

もともと働いていた外資系金融は、現場を1年離れただけで戦力外とされる。一度やめると保育園に入れづらく、3人の子どもを育てながらパートや在宅で働くのは難しかった。曽野さんは子育てが一段落してからまた働けばいいと言うが、10年超もブランクが空いた今は不安で仕方がない。

息苦しいのは、個々の発言だけではない。そもそも、子育て支援を標榜しているはずの安倍政権の政策にも「違和感」は満載だ。大学講師の女性(40)はこんな印象を受けている。

次ページ良妻賢母を求めるから、少子化になる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT