ガソリン不足、ベネズエラで違法改造車が横行

代わりに調理用プロパンガス使用、爆発事故も

慢性的な燃料不足に悩むベネズエラで、ガソリンの代わりに調理用のガスを使って自動車を走らせる人々が現れ、専門家は極めて危険な行為だと警告している。マラカイボで14日撮影。(2020年 ロイター/Isaac Urrutia)

[マラカイボ(ベネズエラ) 28日 ロイター] - 慢性的な燃料不足に悩むベネズエラで、ガソリンの代わりに調理用のガスを使って自動車を走らせる人々が現れ、専門家は極めて危険な行為だと警告している。少なくとも1件、爆発事故が報告されている。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国で、原油の埋蔵量世界一のベネズエラだが、製油所がほとんど稼働していない上に米国の制裁によって燃料の輸入が困難なため、深刻なガソリン不足に見舞われている。ガソリンスタンドには長蛇の列ができ、ガソリンを買うために何日も待たされることもある。

こうした中、調理に使うプロパンガスボンベを取り付けた改造車が走るようになった。

自身の自動車を調理用ガスで走らせているというマラカイボ在住の25歳の青年は、燃料システムは安全だが、液化ガスの匂いがきついと話した。自動車の改造は違法であるため、警察に見つかったら没収されないように賄賂を支払う必要があることを心配しているという。

しかし、自動車の改造は違法であるだけでなく、危険も伴う。

同国東部のプエルトラクルスで今月、調理用のガスボンベを取り付けて走行していた自動車が爆発したという。同市の当局者がロイターに明らかにした。

マラカイボ市の市民安全課の責任者はロイターの取材に対し、自動車を調理用ガスで走らせることは「極めてリスクが高く、禁止されている」と文書で回答した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT