国際帝石、3カ月で業績見通し「9割減」の辛苦

原油相場の急変でLNGプロジェクトに逆風

ヨーロッパやアメリカのオイルメジャーでも巨額の減損が相次いでいる。2020年1~3月期にアメリカのエクソンモービルは約8億ドル、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルも約7.5億ドルの減損を計上。インペックスと同様に開発費等を抑制し、手元資金の確保に動いている。

また、シェルはアメリカのルイジアナ州で推進してきたレイクチャールズLNGプロジェクトからの撤退を決定し、複数のプロジェクトの最終投資決定も延期した。

もっとも、天然ガスは石炭に比べ二酸化炭素排出量が少なく、環境負荷が比較的小さいエネルギーとして注目されている。シェルによれば2019年の世界のLNG需要は前年比1割強増えた。現在はコロナ影響もあり市況は弱含みだが、中長期で見た場合、シェルは2040年までに世界のLNG需要は倍増するとの見方を示す。

待ち受ける重要なプロジェクト

インペックスには、オーストラリアのイクシスの次に控える大型LNGプロジェクトがある。2020年代後半の生産開始を目指すインドネシアのアバディLNGプロジェクトだ。生産量も年間約950万トンとイクシスと同等規模。世界の石油会社トップ10入りを標榜するインペックスにとって飛躍のための重要プロジェクトだ。

だが、現行の中期経営計画(2018~2022年度)で原油価格(ブレント)は1バレル=50~70ドルの前提を置いている。足元の30ドル台はこれを大きく下回る。原油価格の低迷が長期化すればアバディなど将来の開発計画にも影響が及びかねない。それだけに、今期の業績影響のみならず、中長期の原油動向にもいっそう神経をとがらすことになりそうだ。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。