日経平均161円高、米市場下落でも上昇した理由

「コロナショック後の戻り高値」を連日で更新

20日の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。写真は2019年1月、東京証券取引所で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 20日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均株価は続伸した。コロナショック後の高値を連日更新。前日の米国株式市場は軟化したものの、外為市場でドル/円がやや円安に振れたほか、国内でも新型コロナウイルスの影響が落ち着いていくとの期待が広がり、買い安心感を誘い始めた。時間外取引で米株先物が堅調に推移したこともプラス材料となった。

19日の米国株市場は反落。ダウが1.59%安、ナスダック総合が0.54%安、S&P総合500が1.05%安で取引を終えた。18日は米モデルナの新型コロナウイルス感染症のワクチンに対する期待で急上昇したが、同ワクチンの効果に疑念を示す報道が出たことが嫌気された。

日本株は上伸してスタート。時価水準よりも上値は戻り売りが厚くなるとの懸念があるが、国内で新型コロナの新たな感染者数が減少傾向にあることから、特定警戒都道府県についても緊急事態宣言解除が近いとの期待が大きくなり、連日の上値追いとなった。

市場では「決め手となる材料は見当たらないが、国内でも経済活動の再開が近いとみて、買い安心感が広がった。原油先物の限月交代がスムーズに進んだことも注目されている」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が聞かれる。

TOPIXも続伸。東証33業種では、非鉄金属、石油・石炭製品、建設業などの上昇が目立った一方、値下がりは銀行業な6業種にとどまった。東証1部の売買代金は、2兆1730億2200万円と前日に比べて細った。

個別では、東京エレクトロン<8035.T>など半導体関連株が買われたほか、ソフトバンクグループ<9984.T>もしっかり。NEC<6701.T>も上昇し、中外製薬<4519.T>など薬品株に高い銘柄が多い半面、ソニー<6758.T>はさえない。

東証1部の騰落数は、値上がり1395銘柄に対し、値下がりが682銘柄、変わらずが93銘柄だった。

 

日経平均<.N225>

終値      20595.15+161.70

寄り付き    20454.49

安値/高値   20454.03─20684.46

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1494.64 +8.64

寄り付き     1483.35

安値/高値    1483.19─1498.76

 

東証出来高(万株) 121446

東証売買代金(億円) 21730.22

*内容を追加しました。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT