婚活男性が結局「家庭的な女性」を求めるワケ

外で会っていては結婚に発展しにくい

「家庭的な女性」が、婚活市場においてここ数年人気が出ているという。彼女たちの魅力とは(写真: asaya/PIXTA)

結婚相談所の経営者として婚活現場の第一線に立つ筆者が、急激に変わっている日本の婚活事情について解説する本連載。婚活市場において、かつてとは違う意味での“家庭的な女性”が、ここ数年は人気となっています。経済が低迷し、「趣味は貯金」と言うような堅実な男性が増えてきたという社会背景に加え、「家庭的な女性」は結婚を強く意識させるという理由もあるようです。

外ではきらびやか、でも実際は倹約家

経済が低迷している今、ブランド品で身を固めているような、いかにもお金がかかりそうな女性は人気がありません。かと言って身なりにあまりだわらない様子で、「仕事はしてません」「ずっと家にいます」という女性は、求められている“家庭的”とは違います。

この連載の一覧はこちら

きちんと働き、外で会っているときは一見きらびやかに見えるけれども、実は、お金はあまり使わず、家事が得意でちょっと所帯じみている。そんなギャップが男性にとっては新鮮に感じられるようです。女性はつい「インスタ映え」を狙って派手な日常を演出したくなりますが、婚活の観点からいえばそれは逆効果です。

「家事が得意な人」は、実は、男女ともに人気です。仕事で忙しい女性が増えており、1人暮らしだと毎日帰宅後に夕食を作るのは大変。帰りに同僚と一緒に食べてきたり、お弁当を買ってきたりすることがどうしても多くなります。

それは1人暮らしの男性も同じ。しかし、男性は自分と同じ生活では“女性”を意識しづらい。別に凝った料理でなくていいんです。簡単なものをサッと作るだけで、「自分の生活とは違う」「結婚するとこんなふうに生活が変わるんだ」と認識できる。それでプロポーズするというわけです。

だから、お見合い後のデートについて、女性にはいつもこうアドバイスしています。「外で会うだけではなかなか進展しない。3回目には、食器や鍋を持って相手男性の家に入り込んで来なさい」。

次ページうなぎ、すし、天ぷらよりも「片付け」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。