婚活男性が結局「家庭的な女性」を求めるワケ

外で会っていては結婚に発展しにくい

「家庭的な女性」が、婚活市場においてここ数年人気が出ているという。彼女たちの魅力とは(写真: asaya/PIXTA)

結婚相談所の経営者として婚活現場の第一線に立つ筆者が、急激に変わっている日本の婚活事情について解説する本連載。婚活市場において、かつてとは違う意味での“家庭的な女性”が、ここ数年は人気となっています。経済が低迷し、「趣味は貯金」と言うような堅実な男性が増えてきたという社会背景に加え、「家庭的な女性」は結婚を強く意識させるという理由もあるようです。

外ではきらびやか、でも実際は倹約家

経済が低迷している今、ブランド品で身を固めているような、いかにもお金がかかりそうな女性は人気がありません。かと言って身なりにあまりだわらない様子で、「仕事はしてません」「ずっと家にいます」という女性は、求められている“家庭的”とは違います。

この連載の一覧はこちら

きちんと働き、外で会っているときは一見きらびやかに見えるけれども、実は、お金はあまり使わず、家事が得意でちょっと所帯じみている。そんなギャップが男性にとっては新鮮に感じられるようです。女性はつい「インスタ映え」を狙って派手な日常を演出したくなりますが、婚活の観点からいえばそれは逆効果です。

「家事が得意な人」は、実は、男女ともに人気です。仕事で忙しい女性が増えており、1人暮らしだと毎日帰宅後に夕食を作るのは大変。帰りに同僚と一緒に食べてきたり、お弁当を買ってきたりすることがどうしても多くなります。

それは1人暮らしの男性も同じ。しかし、男性は自分と同じ生活では“女性”を意識しづらい。別に凝った料理でなくていいんです。簡単なものをサッと作るだけで、「自分の生活とは違う」「結婚するとこんなふうに生活が変わるんだ」と認識できる。それでプロポーズするというわけです。

だから、お見合い後のデートについて、女性にはいつもこうアドバイスしています。「外で会うだけではなかなか進展しない。3回目には、食器や鍋を持って相手男性の家に入り込んで来なさい」。

次ページうなぎ、すし、天ぷらよりも「片付け」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。