勝負に勝つために絶対必要な「感覚力」の中身

伝説の勝負師はなぜ2秒で判断できるのか?

雀鬼会の麻雀は、2秒以内にツモ切りする。つまり頭で考えて打つ麻雀じゃない。感性と感覚で打つ麻雀だ。勉強ばかりしてきた人にはこれが難しい。頭で、理屈で考えてしまうから、どうしても時間がかかる。この「遅さ」が、実生活のあらゆるところに出てしまう。周りの人たちの様子や変化に気づくことも、それに対応したり、何か用意したりすることも遅い。

感覚や直感というのは、一瞬だ。雀鬼会は麻雀もそうだけれども、活動全体の中で「感覚」を重んじている。感覚を磨くことが人間として、というよりも生き物として大事だ。自然の動物たちを見てごらんよ。彼らは頭で考えて行動しているだろうか? そんなことをしていたら、いざというときに襲われて食われてしまう。あらゆる現象や状況の変化に、感性と感覚で瞬時に対応することができなければ生き残っていけない。

雀鬼会ではすべてにおいてリズムが大事になる。麻雀にしてもそのほかの活動にしても、日々の会話にしても。そのリズムに、勉強ばかりしてきた人間ほど乗り遅れてしまう。

知性を重視して、知識ばかりため込んできたツケがまわっちゃったんだ。だから思考も行動も重いし、鈍い。「知識や情報をため込みすぎて、自分を重くしているんだよ」とアドバイスする。そして「よけいな知識なんて捨てちまいな。自分を軽くしな」と言ってやるんだ。

力んでつかむから素早く離せない

ところが、自分が抱えているものが実はガラクタで、役に立たないシロモノだとわかっても、それを捨てることができない。捨てるということは、それだけ難しいことなんだ。

雀鬼流の麻雀では、姿勢や立ち振る舞いを重視している。力を抜いて自然体で卓に向かう。上家が牌を捨てたことを確認し、静かに手を伸ばして力を入れず優しくツモる。流れるように牌を自分の元まで引き寄せ、目の前で牌を確認し、切る牌か自分の手元に残すかを一瞬で判断する。そしてやはり自然体のまま、流れるようにスッと自然に捨てる。

『「実戦」で身につけた本物の教養』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

何気ない一連の動作だけれど、たいていは肩や腕などに、余計な力が入ってしまう。「力を入れて握ったら、次の動作ができないじゃないか」と教えている。次の動作とは、変化に対応することだ。私から見ると牌が指にくっついているように見える人がいる。指に力が入りすぎているから、捨てるときもスムーズに切ることができない。

卓にたたきつけるように力を入れないと捨てられない。それはムダな力を使っているということ。「おいおい、そんなふうにつかんだら、牌が苦しいだろう」と言ってやる。

力んでつかむ人は、その深層心理の中で「何かを得たい」という気持ちが強い。そして一度つかんだものを「離したくない」という気持ちも強い。だからツモから牌を切って捨てるまで、全体に力が入ってしまう。

まず姿勢を正して、力を抜く。力みを取りフォームを正すことで、心の中の欲の部分が消えていく。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT