「勉強しなきゃ」と焦るわが子にかけるべき言葉

適切な言葉を探す以上に大切なこと

「勉強しなきゃ」と焦るわが子に、親がかけてあげるべき言葉は?(イラスト:不登校新聞)

『不登校新聞』に勤めて約15年、しばしばこんな相談をいただきます。

当記事は不登校新聞の提供記事です

「不登校をしていたわが子が中学や高校への進学を機に必死になって勉強しているが、そばで見ているかぎり、とてもつらそうに勉強していた。親としてどんな言葉をかけてあげたらよいのかわからない」、と。

不登校でつらそうにしているわが子に対し、親はどんな言葉をかけたらよいのか。

これは不登校の子どもを持つ親であれば誰しもがぶつかる壁です。この問いに対し、逆説的に考えてみたいと思います。

つまり、適切な言葉がけをすれば子どもは安心するのか、ということです。適切ではない言葉がけは、たしかにあります。

今回の例で言えば「だから勉強しなさいとあれほど言ったでしょ」とか「勉強しなかったのはあなたの責任でしょ」といった子どもの存在自体をおびやかす言葉です。

こういった類の言葉をかけた瞬間、大半の子どもは心のシャッターを降ろしてしまいます。

大事なことは言い回しでなく

では、適切な言葉がけはあるのか。

結論から言うと、ありません。正確に言えば、あるにはあるのですが、それはどんな表現かという言い回しの問題ではなく、タイミングが重要な問題なんです。

次ページ言葉が届く「タイミング」がある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT