Netflix「愛の不時着」の大ヒットは必然だった

韓流ファンだけではなくアメリカでも高評価

北朝鮮軍のリ・ジョンヒョク中隊長役のヒョンビン(画像:Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中)

2020年5月7日に発表された2020年1~3月の売り上げは前年同期に比べ7.6%増加した1203億ウォン(約105億円)。そのうちコンテンツのセールス額は売り上げの約半分を占める669億ウォンを計上し、同期史上最高額でした。海外セールスは上昇傾向にもあり、経営の柱にしている部門でもあります。

公表している経営戦略の中でNetflix強化策を挙げ、Netflixには『愛の不時着』と同じくヒョンビンが主役の『アルハンブラ宮殿の思い出』などもあります。世界ヒットドラマの1つである『ゲーム・オブ・スローンズ』を生み出したHBOなどハリウッド勢との共同制作にも力を入れ、世界市場の業界内では知る人ぞ知る存在。「スタジオドラゴン作品であれば、ヒットも当然」といった具合です。

「字幕の壁」が崩れつつある

また必然であるもう1つの理由に「字幕の壁」が崩れつつあることも挙げられるでしょう。記憶にまだ新しい、2020年アカデミー賞受賞作である韓国映画『パラサイト』ポン・ジュノ監督が授賞式後の記者会見で語った言葉がまさにそれを物語っています。

字幕の付いた外国語の映画が作品賞をはじめ4部門の賞を獲得したことについて「(字幕の)壁はすでに崩れつつある状態で、ユーチューブのストリーミングやインスタグラム、ツイッターなど、われわれを取り巻く環境は、すでにすべてがつながっています。今後は外国語の映画がこのような賞を受賞することが、事件として扱われなくなるだろう」と、考えを述べたポン・ジュノ監督。

変わりつつある空気感を感じ取っているからこその発言だろうと思います。映画『パラサイト』がその象徴として決定打となったことも今回の『愛の不時着』ヒットが証明しているのではないでしょうか。

ちなみに『パラサイト』でソン・ガンホの妻役を演じたチャン・ヘジンが『愛の不時着』では北朝鮮のトップセレブ役で出演しています。役柄のギャップの違いについて、アジア発のコンテンツだろうと国を隔てて語り合える。そんな時代が始まったのだと思わずにはいられません。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。