意外と知らないビールにまつわるトリビア6選

「ギネス記録とギネスビール」の深い関係とは

オンライン飲み会などで共有したくなるビールのトリビアを紹介します!(写真:kazuma seki/iStock)

ビール片手に集まるオンライン飲み会。みなそれぞれ自分たちで調達してきたビールを「今日はどこのビール飲んでる?」なんて教え合うのも楽しいですし、新しいビールの銘柄を知るキッカケにもなりますよね。

こんな状況ですが、飲み会に新しい楽しさを見つけられるいい機会でもあるように感じます。拙著『エンジョイ! クラフトビール 人生最高の一杯を求めて』の中からそんなビール好きの皆さんとオンライン飲み会などで共有したくなるビールのトリビアをご紹介していきます。

1. ビールを飲むとアイデアが湧いてくる!?

ビールを飲み、血中アルコール濃度が0.07%(ビール2杯分)ほどになると、集中力が欠けてしまいますが、細かいことを心配しなくなります。脳内の「集中する」というタスクの部分のスペースが空くので、リラックスできクリエーティブに考えられるようになります。よって新しいアイデアが浮かびやすくなります。

「飲酒」「しらふ」の2チームで実験すると…

実際にアイデアに関する本を執筆しているアメリカの著者が実験している例があるのですが、広告代理店勤務の人たちを2チームに分け、片方のチームには好きなだけお酒を飲んでもらい、もう片方のチームはしらふでいてもらいます。そしてお題を渡し、3時間でできるだけたくさんの提案をしてもらうというものです。

結果は、お酒を飲んだチームの方が提案したアイデアの数が多かっただけでなく、ベストな提案として選ばれた5つのうち、4つはお酒を飲んだチームのものだったということです。

次ページ脳がリラックスし、いいアイデアが浮かぶ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。