過去最多、SNSが絡む「子どもの被害」大変な実態

今こそ知っておくべき「4つの対策」

(イ)利用状況をこまめにチェック

次に、親が責任を持って子どものSNSやゲームの利用状態を把握しましょう。「デジタルは苦手だから」などと管理を疎(おろそ)かにすることで、子どもが犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性が大いにあります。以下のチェックを週に一度など定期的に行うようにして、些細(ささい)な変化が起きていないか見極めるようにしてください。

1. フレンドやフォロワーに怪しい人がいないか

子どもが使用しているアカウントに危険性が潜んでいないか確かめましょう。簡単で効果的なアカウント調査方法として、怪しいと思われるアカウントからの「いいね」をクリックし、内容を確認。この欄が性的なコンテンツであふれていたり、小学生や中学生と思しきアカウントにばかりいいねをしているフォロワーがいるようであれば、要注意です。

2. 裏アカを持っていないか

SNSのアカウントを複数持ち、うまく使いわけている子どもがいます。メインで使用しているものに対して『裏アカ(裏アカウント、裏垢)』などと呼ばれます。アカウント数が多いほど、特定や流出、犯罪に巻き込まれる度合いは増加します。

ゲーム、SNSとの連動設定や子どもの言動などから、裏アカの存在が判明することがあります。本人に黙ってあれこれいじって詮索するよりは、裏アカの危険性を対話を通じて伝えていくことで、利用の制限を促していくのがよい方法といえます。

(ウ)フィルタリングやペアレンタルコントロールの設定

2018年2月に施行された『青少年インターネット環境整備法』によって、子どもが利用する携帯やスマホを契約する際のフィルタリングが義務化されていますが、罰則がないため、設定しない家庭も多く存在します。しかし、被害にあう子どもの9割近くが『フィルタリングサービス』を利用していません。このため、子ども側から外すように要望があったとしても、必ずフィルタリングサービスを利用するようにしてください

【SNS】被害児童の状況(警察庁「平成30年におけるSNSに起因する被害児童の現状」より)

フィルタリングサービスの主な機能としては、有害サイトのブロック、SNSの利用制限、アプリのダウンロード制限、利用時間・課金制限など。端末の利用に一定の制限がかけられるため、子どもの安全を最優先に考えるならば必須といえるでしょう。携帯、スマホを契約する際にキャリアで加入することができますし、加入状況が不明な際は、契約した店舗に問い合わせれば確認することができます。

次ページ犯罪に遭ってしまったときのために
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。