休校中に「英語力が伸びる子」がやっていること

自宅にいるからこそできる学習方法がある

この作品は25か国語に訳されているそうで、その後、彼女は次々に25か国語で歌われる主題歌も、YouTubeを見て歌えるようになったそうです。これこそ「好きこそものの上手なれ」の見本のような話です。

子どもが英語をたくさん聞くには、好きな時に聞くことができるといった環境も必要です。子どもが手に取れるところにCDなどの音源がある、タブレットなどを使うことができるといった配慮も必要となってきます。

子どもが「英語で歌いたい」「英語を話してみたい」と思うことこそが、学びの原動力です。子どもの心が動いて学んでいるということが、新しい学習指導要領でも言われている「アクティブラーニング」そのものなのです。

不安感が強い中での「読み聞かせ」の効果

さて、この時期、私がもうひとつお勧めしたいのは、親子での絵本の読み聞かせです。

大人の不安が子どもたちにも伝わりつつあるようです。「いつになったら自由に外に出られるの?」「学校はいつ始まるの?」というように子どもも先行きに不安を感じつつあります。屋外に出られないことなどで、子どもも親もストレスがたまりがちです。そんなときに子どもの心を落ち着かせるのにも、親子での絵本の読み聞かせは効果があります。

以前、阪神・淡路大震災のときに、余震が続き、インフラが止まって暗い中でも、絵本を読むと落ち着いたという親子の話を聞いたことがあります。そのようなときにでも絵本は子どもの心を満足させることができるのです。

登場人物と一緒になって新しい出会いをしたり、冒険したりすることによって子どもの心は満たされ、落ち着くことができます。ましてや大好きな親がそばで読んでくれたのなら、それ以上の喜びはないでしょう。自分を守ってくれる親の声に耳を澄ますだけでも、子どもの心が安らぐことでしょう。

絵本のなかで日常にない出来事や、普段は使わない言葉など、豊かな言語体験をすることができます。学校や幼稚園、保育園が休みで、先生や仲間との言語コミュニケーションができない中、自宅で親子で絵本を読んでみてはいかがでしょうか。そのように幼い時期に、親子で豊かに母語でコミュニケーションすることこそが、子どもを健やかに育み、やがては英語でのコミュニケーションにつながるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT