トヨタ、21年3月期の営業利益予想は約8割減

「売上高」は24兆円、当期損益の予想は「未定」

 5月12日、トヨタ自動車は、2021年3月期(今期)の連結業績予想(国際会計基準)について営業利益が前年比79.5%減の5000億円の見通しと発表した。写真はジュネーブで昨年3月撮影(2020年 ロイター/Pierre Albouy)

[東京 12日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は12日、2021年3月期(今期)の連結業績予想(国際会計基準)について営業利益が前年比79.5%減の5000億円の見通しと発表した。当期損益は合理的な算定が困難だとして未定とした。売上高に相当する営業収益は19.8%減の24兆円とした。トヨタは20年3月期まで米国会計基準を採用していた。

リフィニティブがまとめたアナリスト19人の営業利益予想の平均は1兆8540億円となっている。

21年3月期の世界小売販売計画は890万台。前期実績は1045万7000台だった。 世界の自動車市場は20年4月─6月を底に徐々に回復し、20年末から21年前半にかけて前年並みに戻る前提としている。

今期の前提為替レートは1ドル=105円(前期は109円)、1ユーロ=115円(同121円)。

同時に発表した20年3月期(前期)の連結決算(米国会計基準)では、当期利益が前の年に比べて10.3%増の2兆0761億円だった。20年1―3月期の当期利益は631億円だった。新型コロナ感染拡大による需要低迷が響いた。

(白木真紀 内田慎一 編集:田中志保)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。