トヨタ、21年3月期の営業利益予想は約8割減

「売上高」は24兆円、当期損益の予想は「未定」

 5月12日、トヨタ自動車は、2021年3月期(今期)の連結業績予想(国際会計基準)について営業利益が前年比79.5%減の5000億円の見通しと発表した。写真はジュネーブで昨年3月撮影(2020年 ロイター/Pierre Albouy)

[東京 12日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は12日、2021年3月期(今期)の連結業績予想(国際会計基準)について営業利益が前年比79.5%減の5000億円の見通しと発表した。当期損益は合理的な算定が困難だとして未定とした。売上高に相当する営業収益は19.8%減の24兆円とした。トヨタは20年3月期まで米国会計基準を採用していた。

リフィニティブがまとめたアナリスト19人の営業利益予想の平均は1兆8540億円となっている。

21年3月期の世界小売販売計画は890万台。前期実績は1045万7000台だった。 世界の自動車市場は20年4月─6月を底に徐々に回復し、20年末から21年前半にかけて前年並みに戻る前提としている。

今期の前提為替レートは1ドル=105円(前期は109円)、1ユーロ=115円(同121円)。

同時に発表した20年3月期(前期)の連結決算(米国会計基準)では、当期利益が前の年に比べて10.3%増の2兆0761億円だった。20年1―3月期の当期利益は631億円だった。新型コロナ感染拡大による需要低迷が響いた。

(白木真紀 内田慎一 編集:田中志保)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT