トヨタのプラグインハイブリッド車の勝算、次世代車の覇権争いは激化必至

対するトヨタも、たぎるライバル心を隠さない。「あれだけ長く走るには電池を相当積む必要があり、コストはうちとほとんど差がないはず」「電池が切れた後は小さなエンジンでモーターを回して走るため、パワーがガクッと落ちる。高速への進入や追い越しには厳しいのではないか」といった調子だ。

トヨタは過去にGMと同様の方式でマイクロバスを試作し、実用化が難しいと判断。その後発売した初代プリウスから12年、自社方式のHVでは累計150万台の販売台数を誇っている。米国では第三者が開発した充電式プリウスへの「改造キット」が出回るなど、市場がPHEVを待望しているという強烈な自負もある。

激化する開発競争

ただ、競争相手はほかにもいる。先日、スズキに出資した独フォルクスワーゲン(VW)ではトヨタと同様、2モーター方式のPHEV「ゴルフ・ツインドライブ」が走行試験段階にある。独ダイムラーは1リットル3気筒エンジンの「ブルー・ゼロ」、独BMWも加速性能が高い「ビジョン」を開発中だ。米国勢のフォードやクライスラーも数年内の参入を予定する。いずれも電池による走行距離はバラバラで、外形も小型車からスポーツカータイプまで百花繚乱である。

「スイフト」ベースのPHEVを開発していたスズキがVWと「10年1月早々にも議論を始める」(鈴木修スズキ会長兼社長)と明言するなど、今後も活発な新規参入が予想される。まさにだんご状態、横一線。トヨタのリードはそう大きくない。

■トヨタ自動車の業績予想、会社概要はこちら

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。