転職面接で「休日の過ごし方」を聞かれる意味 知っておきたい内定率がアップする答え方

拡大
縮小

面接官が何を求めているのか、少し想像していただけたでしょうか? 以上を踏まえて実際の転職面接でよく聞かれる質問例と「内定率の上がる答え方」について解説していきます。

「御社が第1志望」のスタンスで

次の面接に使える「いいな」と思わせる答え方
質問①
ほかにどこを受けられていますか?
~回答例~
B社を受けようと思っていますが、もし御社が決まったら御社に決めます。

仮に複数社受けていたとしても、「B社とC社と、あとD社もいま面接が進んでいます」というように、正直すぎる答え方をする必要はありません。やはり会社側も他社と同列に並べられるのは気持ちのよいものではないですし、まずは内定をもらわないことには始まりませんので、「御社が第1志望です」というスタンスで行きましょう。

また、回答例のような、もう半分その会社を選んでいるという伝え方や「他社を受けるつもりだったけど、受けないこともできますよ」という伝え方は、相手を本気にさせます。

質問②
最近気になったニュースは?
~回答例~
先日報道された、センター試験での英検利用の導入が先送りになったというニュースです。この場合、御社への影響ってどれほどのものなのでしょうか。

これを聞かれた場合は、転職面接の場で聞かれていることなので、「われわれの業界に対してキャッチアップをしていますか?」という意図です。受けている会社や業界と何の関係もない社会的ニュースなどに言及するのは避けましょう。

その会社のニュースリリースの情報について話すことをおすすめします。ニュース、と言われると「きちんと知っていなくては」と構えてしまうかもしれませんが、大丈夫です。わからないところは、面接官にそのまま聞いてしまってかまいません。

次ページ「休日は何をしていますか?」という質問の意図
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT