ヒートアップする米・電子書籍市場、先行キンドルをNookが猛追、ハード・ソフトで参入続々!

今、アメリカで、クリスマスのウィッシュリスト(プレゼントで欲しいもののリスト)のナンバーワンがEブック(電子書籍端末)だ。クリスマスには家族や愛する人に、何か気の利いた素敵な贈り物をしたい--そこで、ちまたで話題のガジェット、Eブックというわけだ。

「アマゾンのキンドルが欲しいんだ」と、アメリカ中の家庭で、夫が妻に、妻が夫にねだっている。取材先で出会ったドイツ人のジャーナリストも妻から贈られて使っているという。ちなみに筆者も誕生日にキンドルをねだって、手に入れたクチだ。

 今年のクリスマス商戦で、Eブックの売り上げの筆頭を走るのがアマゾンのキンドル(4ページに写真)だ。また大手書店チェーン・バーンズ&ノーブルのNook(右写真)も大人気で、いま注文しても、手に入るのは2010年の1月15日以降。一方、ソニーのEブック、リーダー・デイリーエディションは、初出荷が12月後半とクリスマス商戦から少し出遅れている。

一口にEブックといっても多種多様で、それぞれの機種に特徴がある。Eブックは売れ行き好調なため、続々と参入する企業が増えており、今後もどんどん機種が増える模様だ。

価格帯はおおむね200ドル(約1万8000円)以上。Nookが259ドル、アマゾンのキンドル259ドル、同キンドルデラックスが489ドル、ソニーは機種によって199ドルから399ドル。無線通信機能はないがカラーバリエーションが豊富な英・インターリード社のクーラー・Eリーダーが249ドル、大き目のスクリーンで無線通信対応のアイレックステクノロジー社の「Irex Dr800SG」が399ドルだ。そして、最大の画面サイズをもつプラスチック・ロジック社の「Que」(4ページに写真)がビジネス向けとして、来年初めに発売される(価格は未定)。

世界に先駆けてEブックの普及期に入ったアメリカだが、どうして人気がブレークしたのだろうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT