ヒートアップする米・電子書籍市場、先行キンドルをNookが猛追、ハード・ソフトで参入続々!

今、アメリカで、クリスマスのウィッシュリスト(プレゼントで欲しいもののリスト)のナンバーワンがEブック(電子書籍端末)だ。クリスマスには家族や愛する人に、何か気の利いた素敵な贈り物をしたい--そこで、ちまたで話題のガジェット、Eブックというわけだ。

「アマゾンのキンドルが欲しいんだ」と、アメリカ中の家庭で、夫が妻に、妻が夫にねだっている。取材先で出会ったドイツ人のジャーナリストも妻から贈られて使っているという。ちなみに筆者も誕生日にキンドルをねだって、手に入れたクチだ。

 今年のクリスマス商戦で、Eブックの売り上げの筆頭を走るのがアマゾンのキンドル(4ページに写真)だ。また大手書店チェーン・バーンズ&ノーブルのNook(右写真)も大人気で、いま注文しても、手に入るのは2010年の1月15日以降。一方、ソニーのEブック、リーダー・デイリーエディションは、初出荷が12月後半とクリスマス商戦から少し出遅れている。

一口にEブックといっても多種多様で、それぞれの機種に特徴がある。Eブックは売れ行き好調なため、続々と参入する企業が増えており、今後もどんどん機種が増える模様だ。

価格帯はおおむね200ドル(約1万8000円)以上。Nookが259ドル、アマゾンのキンドル259ドル、同キンドルデラックスが489ドル、ソニーは機種によって199ドルから399ドル。無線通信機能はないがカラーバリエーションが豊富な英・インターリード社のクーラー・Eリーダーが249ドル、大き目のスクリーンで無線通信対応のアイレックステクノロジー社の「Irex Dr800SG」が399ドルだ。そして、最大の画面サイズをもつプラスチック・ロジック社の「Que」(4ページに写真)がビジネス向けとして、来年初めに発売される(価格は未定)。

世界に先駆けてEブックの普及期に入ったアメリカだが、どうして人気がブレークしたのだろうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。