ヒートアップする米・電子書籍市場、先行キンドルをNookが猛追、ハード・ソフトで参入続々!


 理由の一つは、ノートパソコンやスマートフォンとは異なって、紙の本のように大画面で読みやすいインターフェイスだ。また、場所を選ばず、読みたいときに高速携帯電話回線でコンテンツをダウンロードして、本が読めるのも非常に便利だ。しかも、端末には、1000冊から3500冊分の書籍データを格納して持ち歩ける。

コンテンツの価格が安いのも大きな魅力だ。アメリカでは書店店頭で売られる紙の新刊本は通常、1冊25ドル程度だが、Eブック向けなら1冊10ドル程度とかなり安い。たとえば、サラ・ペイリン(08年共和党副大統領候補)の“Going Rogue: An American Life”は紙の本の定価が28ドル99セント、バーンズ&ノーブル店頭で14ドル49セント(ハードカバー)だが、Nookなら9ドル99セント。アマゾンは紙の本の通販が14ドル50セント(同)、キンドルが7ドル99セントだ。

Eブックは、ハードウエアの初期投資は決して安くはないが、コンテンツは割安(ものによっては無料もある)なので長く使いたくさんの本を買えば、最終的には安上がりだ。

 ユーザーの声を拾ってみると、「忙しいので郊外にある書店に行く暇がない。キンドルは読み上げ機能もあり、運転中に聞いたりして重宝している」とシリコンバレーの中堅エンジニア。Text−to−Speechという読み上げ機能は、米国移民にも気になるところ。「英語の勉強になるので使いたい」と、市場開発の仕事に就く中国人のリー氏。

「年とともに目が悪くなり、活字が読みにくくなってきた。眼科医が進めるから」と、ソニースタイルで会った72歳のスーザン氏。バーンズ&ノーブルも回ってみるという。書店員のローリー氏は「電子書籍なんかいらないと思っていたけど、いざ、目にしてみるとNookは便利そう。買いたいわ。でも、いろいろな端末が出てきているし、すぐに199ドル以下になるんじゃないかしら」。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT