GWの「5日×1日30分」で部屋スッキリ片づけ術 外出自粛の今こそ部屋を整理してみては?

拡大
縮小

1日30分、5日間の片づけスケジュールはこちらです。

1日目:スマホで、家中のモノの写真を撮りきる(カメラフォルダから、散らかりが目立つ箇所を俯瞰)
2日目:散らかり箇所①
3日目:散らかり箇所②
4日目:散らかり箇所③
5日目:散らかり箇所④

大切なのは、のめり込んで一気にやりすぎず、毎日少しずつ取り組むことです。「毎朝9時は、片づけの時間」と時間を決めると、5日間うまく取り組めます。片づけが終わったら動画を見る!など、ご褒美を決めて取り組んだり、友人とLINEグループを作ったりして報告するのもいいですね。5日間のスケジュールを1日目から見てみましょう。

1日目

まずは写真を撮影する

片づけはむやみに手をつけず、まずは全体像を見積もることが大切です。

・片づけるべきモノの総量はどのくらいあるのか?
・それらにどの順番で手をつければいいのか?
・どのくらい時間がかかるのか?

を、ざっくりと把握していきましょう。

まず、片づけるべきモノの総量を見積もるために行うのが、「写真撮影」です。

1点1点モノが見える近さで撮影するのがコツ(筆者撮影)

注意したいのが、「部屋全体を1枚に収める」のではなくて、1点1点のモノが見える近さで撮影することです。写真を撮るときはモノを動かさず、ありのままを撮影しましょう。

カメラフォルダで俯瞰

写真を撮り終えたら、片づける順番を決めていきます。

カメラロールを見返して、

・散らかっていて目立っている
・なぜこの場所に置いてあるのかわからない
・今年1回も触ってない……

など、危機感を感じた写真を、上位4枚選びましょう。

写真を選び終わったところで、1日目は終了です! 明日からの4日間で、1枚ずつ、さばいていきましょう。

次ページ2日目の流れは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT