GWの「5日×1日30分」で部屋スッキリ片づけ術

外出自粛の今こそ部屋を整理してみては?

ゴールデンウィークを利用して散らかった部屋をスッキリ片付けてみませんか?(写真:ura /PIXTA)

新型コロナウイルスの影響もあり、今年のゴールデンウィークはご自宅で過ごされる方が多いのではないでしょうか。在宅勤務が続くと、部屋で過ごす時間が長くなり、なんとなく部屋の荷物が気になり始めているのではと思います。ゴールデンウィークを利用して、毎日30分、お家を片づけてみませんか?

1日30分×5日間で、お部屋が劇的にスッキリする片づけ術をご紹介します。

STEP1:まずは写真を撮影する
STEP2:カメラフォルダで俯瞰
STEP3:とにかく箱に詰める
STEP4:分類しながら箱から出し、床に広げる
STEP5:よく使うモノから、ハンディーゾーンにあてはめる

事前準備

片づけを始める前にこの3つを準備しましょう。

①120cmサイズの箱
②ゴミ袋
③スマホ

120cmの箱は、サイズ的にはこの写真くらいです(写真は無印良品のソフトボックス)。一般的な引っ越しダンボールMサイズくらいです。箱がなければ、洗濯カゴやクリーニングバッグでも構いません。

(左)箱のイメージ、(右)これらのグッズもあると便利です(筆者撮影)

よりスッキリとした仕上がりを目指すのであれば、軍手・ジッパー付きの袋・ラベルシール・モビロンゴム・カゴ・収納ケース・ビニールシートもあると便利です。

次ページスケジュールは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。