中国スマホ「シャオミ」初の海外債券発行の狙い

総額646億円相当で、S&Pが「投資適格」の評価

シャオミは海外市場での躍進ぶりが目立つ(写真はインドネシアのシャオミのウェブサイトより)

中国のスマートフォン大手、小米(シャオミ)は4月23日、同社にとって初のドル建て公募債券6億ドル(約646億円)を海外市場で発行した。償還期間は10年、額面年利は3.375%、用途は経営全般および既存の借入金の返済に充てる。同社によれば、この債券への申し込みは予定の8.5倍の総額51億ドル(約5488億円)に達したという。

その3週間前の4月2日、シャオミは中国国内でも10億元(約152億円)の債券を発行した。償還期間は1年、額面年利は2.78%、用途は運転資金の補充と国内金融機関からの借入金返済のほか、調達額の20%を新型コロナウイルスの防疫対策の援助に投じるとしている。

これら2つの債券は、アメリカの格付け大手S&Pグローバル・レーティングから「BBB-」の格付けを得た(訳注:S&Pの格付けは最高位のAAAから最低位のCCまであり、BBBは「投資適格」の最低ランク)。このレーティングに関してS&Pは、グローバル市場でのスマートフォンの販売好調、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」関連事業の成長、財務レバレッジの低さなどを反映したと、4月20日付のレポートで説明した。

手元資金を厚くし、スマホ市場の縮小に備え

シャオミの決算報告書によれば、2019年末時点の総資産は1836億2900万元(約2兆7910億円)、総負債は1019億7100万元(約1兆5500億円)であり、総資産負債比率は55.5%と確かに低い。さらに現金および現金同等物が259億2000万元(約3940億円)あり、手元資金も厚い。

にもかかわらず、なぜ立て続けに債券を発行して資金調達を急いだのか。シャオミのスマートフォンは2019年は海外市場での躍進が目立ったが、実は中国市場では販売台数を大きく落とした。調査会社のカナリスのデータによれば、2019年10~12月期の出荷台数は海外市場が前年同期比43%増加したのに対し、中国市場は同14%減少した。

本記事は「財新」の提供記事です

そこに新型コロナウイルスの世界的大流行が発生した。2020年のスマートフォン市場は、最も楽観的なシナリオでもグローバル市場の出荷台数が前年比4.3%、中国市場では同11.9%それぞれ減少するとカナリスは予想する。シャオミの資金調達は市場の縮小に備え、生き残るための兵糧なのである。

(財新記者:何書静)
※原文は4月23日配信

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT