「自殺未遂した患者」の自宅でナースが見た光景

漫画「こころのナース夜野さん」(第2話)

OLから精神科の看護師に転身した夜野さん。今回は自殺未遂で病院に運ばれてきた男性とのお話です(漫画:『こころのナース夜野さん』より)

虫歯ができたら歯医者に行き、骨折したら整形外科に行くように、心の病気にかかった人のために「精神科」があります。

『こころのナース夜野さん』(書影をクリックすると、小学館のサイトにジャンプします)

患者さんが“本来のその人になっていく”――。その小さなお手伝いをするのが、精神科の看護師の仕事です。

OLから転職して、精神科の看護師となったばかりの夜野さんは、ゆっくりゆっくり、患者たちの話を聞きます。その積み重ねの中で、本人も気づかない「本当のこと」が見えてくることも。

彼の、彼女の、「こころ」の痛みに耳をかたむける──ささやかだけれど切実な、精神科ナースの物語。 『こころのナース夜野さん』(小学館)より抜粋してお届けします。

自殺未遂の男性が運ばれてきた

 

 

©水谷緑/小学館
次ページ一緒に月光を
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。