フワちゃん「若者から超支持される」魅力の正体 大雑把なように見えて実は芯の強い一面も

拡大
縮小

テレビは瞬間芸の世界だ。パッと見たときの印象だけで興味を持ってもらえないと、タレントとして生き残っていくのは難しい。中身に合った外見をしっかり固めたことが、今の大ブレークにつながったのだろう。

フワちゃんという人間の最大の強みは、「YouTuber」と「芸人」の要素をバランスよく兼ね備えているところだ。人気YouTuberがテレビに出ているときに意外と地味でおとなしかったり、テレビタレントがYouTubeでは妙に空回りしていたり、といった光景を見たことがある人は多いだろう。テレビとYouTubeというのは似て非なるものであり、初めから両方にきちんと適応できる人は少ない。

でも、フワちゃんにはそれができている。もともとただの明るい目立ちたがり屋だった彼女は、初めから両方の適性を備えていた。コンビ時代には芸人としての自分の才能を生かし切れず、くすぶっていた。だが、YouTubeという表現手段を得たことで自分の面白さをストレートに出せるようになり、一気にその才能が開花した。

「意外と芸人っぽい」一面も

取材などでフワちゃんと直接話したり、インタビュー記事を読んだりすると「意外と芸人っぽいな」と感じることがある。一見するといい加減な感じがするが、実は芸人としての美意識やこだわりも一人前に備えていたりするのだ。大雑把なようで芯のところは意外としっかりしている。でも、そのプライドを人前で振りかざすようなことはしない。その辺もテレビで重宝される理由だろう。

フワちゃんはYouTuberと芸人のハイブリッドという新しいキャラクターを確立させて、令和のニューヒロインとなった。世の中が暗く沈んでいる今だからこそ、フワちゃんにはどこまでも明るく輝いていてほしいものだ。

ラリー遠田 作家・ライター、お笑い評論家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

らりーとおだ / Larry Tooda

主にお笑いに関する評論、執筆、インタビュー取材、コメント提供、講演、イベント企画・出演などを手がける。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで』(光文社新書)、『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論』(イースト新書)など著書多数。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT