フワちゃん「若者から超支持される」魅力の正体

大雑把なように見えて実は芯の強い一面も

フワちゃんはなぜ若者から絶大な支持を集めるのか?(写真:『フワちゃんTV /FUWACHAN TV』より)

今から約1年前、元号が平成から令和に切り替わった頃、日本全体がちょっとしたお祭り気分に包まれていた。宮中行事以外には特に大きなイベントがあるわけでもなく、年末年始ほどテレビの編成がにぎやかになったわけでもないのだが、うっすらとした「おめでたい感じ」だけは漂っていた。

そんな曖昧なお祭りムードの中からヌルッと世に飛び出てきたのが、YouTuber芸人のフワちゃんだ。カラフルで派手な衣装に身を包み、ハイテンションでテレビのスタジオに登場。自撮り棒を持って好き勝手に写真を撮りまくり、目上のタレントにもなれなれしい口調で積極的に絡んでいく。令和に入ったあたりからじわじわとテレビ出演の機会が増え始め、2020年を迎える頃には数々の年始特番にも引っ張りだこの人気者になっていた。

「フワちゃん」に若者たちは憧れている

そんなフワちゃんの勢いはその後もとどまるところを知らない。毎日のようにテレビに出続ける一方で、雑誌では特集が組まれ、『まいにち、フワちゃん』(KADOKAWA)という日めくりカレンダーまで発売された。もはやYouTuberや芸人という枠組みを超えて、そのライフスタイルやポジティブ思考そのものが若者たちの憧れの対象になっている。

私が彼女の存在を認識したのは今から4年前。変わり者の芸人ばかりが集まるというコンセプトのお笑いライブを見に行ったときのことだ。どの芸人もそれぞれ一癖ある芸風だったのだが、その中で特に印象的だった男女コンビがいた。

ネタの内容はよく覚えていないのだが、野性的な雰囲気のギャルっぽい見た目の女性が「乳首、痛えよ!」というフレーズをひたすら何度も連呼していた。大人の女性が大声で叫ぶ「乳首」という単語が、不思議と下品に聞こえなかった。単純にバカバカしいな、と思えた。多くの芸人がライブに出ていた中で、彼女1人だけがギャグ漫画の世界から抜け出てきたような異様なオーラを身にまとっていた。

次ページフワちゃんが「コンビ解消」した理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。