フワちゃん「若者から超支持される」魅力の正体

大雑把なように見えて実は芯の強い一面も

現場ではそのネタはそこまでウケていなかったのだが、一緒にこのライブを見ていた業界関係者も「あのコンビは売れるかもしれない」と言っていた。私もその衝撃をTwitterで書き残したところ、その女性本人から「なんかよくわかんないけど、アタシめっちゃ褒められてんじゃね?」というような内容のコメント(引用リツイート)が来た。彼女のタイムラインを覗いてみたところ、どの書き込みも期待を裏切らない軽薄さに満ちていた。

その女性芸人こそが後のフワちゃんである。彼女はかつて芝山大補という芸人と「SF世紀宇宙の子」というコンビを組んでいた。だが、フワちゃん自身の話によると、彼女には芝山の作るネタを的確に演じるための表現力が不足していたのだという。そのせいでコンビとしての活動は行き詰まり、解散することになった。

YouTubeで才能発揮

ピン芸人になったフワちゃんはYouTubeという新しい表現手段を見つけて、そこに徐々にのめり込んでいった。もともとInstagramでも自ら加工した「笑えるバカバカしい画像」をアップし続けていた彼女は、映像編集にも同じような楽しみを見出した。

明るさ、勢い、行動力、ファッションや映像のセンスなど、YouTubeの世界ではフワちゃんという人間の本来持っている強みが存分に生かされた。フォロワー数はどんどん増えていき、いつのまにか人気YouTuberの仲間入りを果たしていた。

YouTubeと並んで、フワちゃんが覚醒するもう1つのきっかけになったと思われるのが、新しい髪型と衣装に出会ったことだ。現在のフワちゃんのトレードマークと言えば、お団子ヘアと派手な色のスポーツブラである。

初めてそのスタイルを試したのが、インターネットテレビの企画で台湾に行ったときだった。ロケのために目立つ格好をしようとして、髪型と衣装を変えてカメラの前に現れた。そこで初めて今の見た目になったのだ。性格などは特に変わっていないのだが、見た目と中身が一致したことで、キャラクターが伝わりやすくなった。

次ページなぜ「テレビ」にも出られるようになったか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。