格安のガソリンスタンドが消えていく事情

ジョイフル本田が給油事業を出光興産に譲渡

東燃ゼネラルはもともと製油所設備の過剰度が高く、大量の余剰ガソリンを業転玉として放出してきた経緯がある。それを苦々しく思っていたのが、ほからなぬ、最大手で統合相手となったJ X。2017年の2社統合後、旧東燃ゼネラルの余剰ガソリンは旧JX側の販売網に吸収され、業転玉の供給量が大幅に減った。

これで困ったのが、ガソリンスタンドの約2割を占めるプライベートブランド系のスタンドだ。プライベートブランド系の中には元売りとの直接取引を行っているところもあるが、調達するガソリンのほとんどが業転玉だったところも多い。従来のような条件で大量の業転玉を調達できなくなれば、最大の武器である価格競争力を失い、ビジネモデル自体が成立しなくなる。ジョイフル本田にしても、以前のようなガソリンの安売りは採算的に難しくなっていた。

元売り系列に入る動きも

ジョイフル本田に限らず、安価な業転玉によって商売が成立していたガソリンスタンドは厳しい状況に追い込まれている。同じく本業の集客装置としてセルフ式の格安ガソリンスタンドを展開するコストコにおいても、かつてほどの安い価格設定はできなくなっているとされる。さらに規模の小さなプライベートブランド系に至っては、「事業を継続するために看板を付け替えて、元売り系列に入る動きも出ている」(元売り関係者)。

寡占化と需給調整により、元売りの収益は改善傾向にある。2013年度にJXの石油精製事業は775億円の経常赤字、東燃ゼネラルの営業益は黒字ながらわずか17億円だった。その後、国内ガソリン需要は1割近く減ったが、統合してJXTGになってからの全体の業績は営業利益で1687億円(2017年度)、2424億円(2018年度)と収益性はむしろ向上している。JXTGは2020年秋に大阪製油所の石油精製を終了し、さらに原油処理能力を減らす考えだ。

ガソリン需要が細る中で、自らの生き残りのために採算重視の経営へと大きく舵を切った石油元売り各社。寡占化と供給サイドの調整によって、その価格支配力が一段と高まり、かつてのようなプライベートブランド系を中心とするガソリンの安売り風景は姿を消しそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT